前へ
次へ

農地を土地活用する方法

使わなくなった農地という地目を変えることなく土地活用をする方法はいくつかあります。
まず、他の

more

月極駐車場で土地活用をするメリット

自分が所有をしている土地で、駐車場をやってみたいと考えている人もいるでしょう。
駐車場も土地活

more

都市部では土地活用の方法がいっぱい

田舎に比べると都市部は土地活用の選択肢がたくさんあります。
小さな土地でも有効に活用できるのが

more

種類別土地活用の方法をご紹介

土地は持っているだけで固定資産税がかかるので、何もしないと税金を取られる分だけマイナスです。
土地活用にはいろいろな方法がありますが、ここでは売却以外で収益を得る方法をまとめてみましょう。
まず、借地として収益を得る方法があります。
これはそのまま土地を貸すという選択で、近年では家庭菜園用に畑として貸し出したり、建築資材置き場として貸し出したりする方法が盛んです。
上に建物を建てる場合、借地期間は30年以上に設定しなければなりませんので、そんなに長くは貸し出せないという場合には土地のまま活用する方法を考えたほうがよいでしょう。
自分でアパートやマンションなどを建設して賃貸収入を得る方法は、自己活用です。
入居者が集まれば安定した収入が見込めますが、投資が大きいので収支計画は慎重に立てる必要があります。
同じ賃貸住宅経営でも戸建賃貸なら、土地が狭く大きな集合住宅が建てられない場合でも土地活用できます。
ただ、1家族にしか貸せない以上、空き室リスクは高くなりますのでそこは認識しておきましょう。
ほかにも自己活用には駐車場経営、太陽光発電、店舗経営などさまざまな方法があります。

試験片加工、材料試験サービス

土地活用には共同活用という方法があります。
こちらは土地信託と等価交換が主な内容となりますが、自分で運営するのは自信がないという場合に活用できます。
土地信託は、信託会社などと契約して土地を提供し、信託受益権を得るのが一般的です。
運用をプロに任せられるので手軽ですが、運用で利益が出なければ当然配当は出ません。
等価交換は土地を提供し、上に建物を建てて土地に見合う分の収入を得る方法です。
リスクが少ないのがメリットですが、収益は自分で建てた時よりは少なくなります。
土地活用の方法はたくさんあるので迷いますが、収益モデルばかりを見るのではなく、どの活用法に向くのかを冷静に判断するのが先決です。
見極めが難しい場合はプロのアドバイスを受けるのが一番ですので、その土地に合う活用法を複数社に相談し、意見を検討して決めるのがよいでしょう。

Page Top