前へ
次へ

土地活用の基本的なやり方

土地というのは持っていればよいというわけではないです。
大事なのはしっかりと利益に繋がっているのかということです。
土地を貸すとかそこにアパートを建てるとかそうしたことです。
土地を所有している資本家というのは色々と自分の代で土地を減らしてはいけないと考えることが多いです。
先祖代々の土地で、というときには特にそれがいえることになります。
固定資産税捻出のために土地から収益が上がるように授業を行うことが最も望ましいと言えるわけですが賃貸住宅を建てるときには建築費がかかることになりますし、ということもあって、駐車場と考える人も多いです。
悪いわけではないのですが、土地活用としてそんなに収益性が高いわけではないです。
そして、相続税対策となるのか、といえばそうでもないです。
あくまで建物があってこそ、相続税対策ということになりますから、土地活用も実はどんな方向性にするのかということによって税金対策にはならないということもあります。

Page Top