前へ
次へ

農地を土地活用する方法

使わなくなった農地という地目を変えることなく土地活用をする方法はいくつかあります。
まず、他の農家に農地のまま売った理科したりすれば、地目を変更する必要がないので農地法に抵触するリスクを回避することができます。
最近では、都会出身の若者が田舎に引っ越して新たに農業を始めるということが増えています。
農業の新規参入者にとって高いハードルとなるのが農地の取得です。
いきなり広い農地を購入するには莫大な費用がかかるため、初期投資のリスクが高まります。
そこで、新規に参入を計画している農家は、放棄された農地を借り入れることで初期コストを削減して新たに農業に参入するのです。
この方法であれば、土地のない若い農業家であっても新規に参入しやすいのです。
次に、地目はそのままに市民農園として開放するという土地活用の方法があります。
これは近所の人達に家庭菜園ができるように開放する方法の一つであり、初心者でも気軽に農業が出来るのです。

Page Top